TIFNet

設備検索

設備を検索します。

全自動元素分析装置(ELEMNTAL・Vario EL III)

施設 鳥取大学
利用タイプ 利用可能機器
概要 元素分析装置(EA)
主な仕様 炭素(C)、水素(H)、窒素(N)、硫黄(S)といった有機物の基本構成元素の含有率を測定する装置。固体及び液体サンプルを完全燃焼させ、発生した気体を成分毎に分離し、高精度検出器によりCHN及びCHNSの含有率を±0.1%の精度で測定できる。

「CHN」 (ELEMENTAL Vario EL III)
「CHN S」 (ELEMENTAL Vario EL cube)

◆試料量は5mg以上が望ましい。土壌など含有有機成分が少ない試料は100mg以上が望ましい。
◆ハロゲンあるいはアルカリ金属を含む場合は、その旨お知らせください。
◆依頼測定のみ受付
「CHN」分析用 http://grc2.med.tottori-u.ac.jp/shared_research_equipment/eqpt_000934.html
「CHN S」分析用 http://grc2.med.tottori-u.ac.jp/shared_research_equipment/eqpt_000935.html
検索一覧に戻る